貸し倉庫を便利に使うなら情報集めをしておこう

倉庫

色々な形がある

一口に貸倉庫と言っても、トランクルーム、レンタル収納、宅配型などいろいろあります。法人の場合、主に在庫管理やオフィス用品の保管に使うので、貸し倉庫が無難でしょう。ただ、名前は違えど荷物を預かる物件であることに変わりはないので、十分な広さとサービスの質がよければ契約してもいいでしょう。

複数のダンボール

契約する前にまとめておくこと

貸し倉庫を探す前にしておくことは、預ける物の種類、品物の大きさ、使う頻度、預ける期間などです。これらをしっかり把握していないと使いにくく大変です。預けた荷物を上手に管理するためにも、計画性を持つことが大切です。

契約前に知りたい貸し倉庫と賃貸物件の違い

貸し倉庫

貸し倉庫は、主に倉庫業法に基づいてサービスを展開しています。ただ中には、不動産業者が一般の賃貸のように貸し出すこともあります。

賃貸物件

人が住むのを限定に契約を結ぶ賃貸物件の場合、生活するのに困らない広さと、窓、バストイレ、台所などの設備がついています。一方、貸し倉庫の場合人が住む体で貸し出しているわけではないため、広いスペースをより安く借りることが可能となります。

広告募集中