貸倉庫には種類がある

法人の場合は物を沢山収納できる貸倉庫、個人で利用する場合はトランクルームが使用されています。それぞれ似たようなものですが、若干違いがあります。比較してみましょう。

貸倉庫&トランクルームを徹底比較

貸倉庫は不動産契約が必要

法人向けの貸倉庫の場合、契約は不動産会社の方で結びます。貸倉庫内に保管中の品物については、何らかの理由で破損しても責任は負わないことがほとんどです。また、屋内と屋外だったら後者の方が利用料金は安めです。ただ、設備が整っているのは屋内の貸倉庫でしょう。

トランクルームは不動産契約不要

トランクルームは、寄託契約になるため不動産契約が必要である貸倉庫とはまた違います。主な契約方法は月極で、保管保証というものが設けられています。個人なら家具家電、漫画雑誌などの私物、法人だとオフィス用品を保管する際に活用されています。

貸倉庫の活用術は様々

一口に貸倉庫といっても使う目的で選ぶものは違います。そのため、貸倉庫を選ぶ時は種類豊富な情報サイトを利用する必要があります。下記で使い勝手のいいサイトの特徴をご紹介します。

法人が選ぶ貸倉庫情報サイトの特徴

男女

様々な用途に対応する倉庫が盛りだくさん

食品加工業者や、工業専用の倉庫など職業別に使える貸倉庫を紹介するサイトなら、条件ぴったりの貸倉庫を見つけることができます。食品加工業者だったら、冷蔵庫や冷凍庫付きの物件がいいでしょう。

新着物件の確認ができる

貸倉庫の情報を素早くキャッチするなら、おすすめや新着物件の紹介を行なうサイトがおすすめです。賃料を始め、物件が建つ場所や広さなど必要な情報も一緒に掲載されていて見やすいです。

条件の登録ができる

サイトで中々いい物件が見つからない場合は、理想の物件を登録する手もあります。倉庫を法人に貸したいという方は沢山いるので、情報が入り次第、業者側から連絡をしてくれます。

契約までの手順が紹介されている

貸倉庫を借りる前に知りたいのが、契約の流れです。サイト上で詳しく紹介しているのでスムーズに手続きを終えられます。その際も、スタッフが熱心にサポートをするので心配いらないでしょう。

サイト上でスタッフが紹介されている

法人からの信頼が厚い貸倉庫専門業者は、サイト上にお客さんのサポートにあたるスタッフが紹介されています。趣味や特技だけでなく、座右の銘なんかも掲載されているので親近感がわきますよ。また、仕事に対する心構えも記されているので、どういったスタッフが働いているのか知りたい時に便利です。

トランクルームをラクラク検索☆

[PR]
ハローストレージが好評
破格で倉庫を借りたいなら必見!

数多くの法人が活用する貸倉庫の気になる魅力

男性

お気に入りの物件が見つかったら見学に行こう

ネットで見るのと、実際に物件を見るのとでは印象も大分違うので、契約した後に後悔する恐れがあります。また内見することで、自分の中の優先順位も変わってくるはずですから、大阪でよりいい物件を探すには内見は欠かせません。ハローストレージでトランクルームを借りる際もしっかり見学しましょう。

契約時の初期費用について

月々の家賃が100万円の場合、契約の時に必要なお金は家賃一か月分、敷金3か月分、礼金1か月などがあります。他にも、仲介手数料を一か月分請求することもあるので、しめて800万円程の出費となります。貸倉庫によって賃料は異なるため、業者と相談をしながら検討しましょう。

契約前の注意点

貸し倉庫の契約時に提示された条件に納得した後、契約に向けて話を進めていきますが重要事項の説明はしっかり聞くことを心掛けましょう。納得できないと、借りた後にトラブルが発生する危険があります。また、借りる側に知っていてほしい重要事項もいくつかあるので、資料は大切に保管してくださいね。

作業員
トラックと倉庫

埼玉の貸し倉庫をいくつも紹介

[PR]
トランクルームが安い!
自宅の片付けを効率よくする

広告募集中